お部屋探しマニュアル

引っ越し編

引越しの流れ

(1)荷物のチェック

何を持っていくのかを決めて、荷造りを想像してみよう。
余り大きなものは運ぶにも結構お金がかかる。何を持っていき、何を新しく購入するか、保護者の方と相談して整理しよう。
全て持っていこうとすると、引越し自体大変だし、いざ帰省した時、実家に何もなくて、ちょっとさみしいかも。

(2)業者依頼

まずはお部屋を決めた不動産会社に相談するのがベスト。信頼できる業者を紹介してもらえるし、特典がつく場合もある。
この時点で、荷物の集荷日や荷物が到着する届け日などを決めておき、荷物の量も概算でいいから把握しておこう。
荷物搬入の注意点などもその際不動産会社に確認しておこう。

(3)見積り

業者と連絡がとれたら先ずは見積り。
この時点でどれくらいの量の荷物か電話で聞かれる場合もあるし、実際に見てもらう場合もあります。
荷物を預かってもらう日時、届ける日時を確認しよう。土日祝日を避ければ安くなるプランもある。

(4)荷造り・集荷

細かい注意点は下にまとめてありますが、極端に大きな梱包は避け、段ボールには何が入っているか書いておこう。
みなさんの多くが専用BOXで荷物扱いの引越しを利用されるので、梱包は自分でしっかりとね。
両手でサッと持てる位の大きさで梱包しよう。

(5)引越し当日

事前に届け日と時間をしっかり打合せ確実に荷物を受け取ろう。混雑時にすれ違うと大変だ。また家具や家電などの生活用品を購入する場合は、届け日を引越し日に合わせられるとベスト。通販カタログ「Debut!」を利用すれば、効率的に新生活準備ができる。

荷造り&引越し日のポイント

  • あまり使わないもの、すぐに着ない衣類などから荷造すべし。
  • 本・CDなど量があって重いものは小さな箱に小分けしていこう。
  • 逆に生活雑貨類や衣類など軽いものは大きな箱でもOK。
  • 段ボールの外には何が入っているか明記しておこう。
  • 掃除道具や工具、電源コードに加え、当日の衣類や洗面道具など、すぐに必要なものは別箱で明記しておく。
  • 貴重品や精密機械などは、なるべく自分で持っていこう。照明器具やカーテンなどはすぐに取付けるよう段取りしよう。

全国の学生マンション・学生会館情報満載。全国一人暮らし.com